• 1 十月桜
    検見川公園にて
  • 2 不死鳥
    2011・長岡花火大会にて
  • 3 達磨菊
    我が家の庭にて

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by SORAもよう on --.--

牡丹

Category : ガーディニング
今年は我が家の牡丹の花付きがとてもいい!

自分ながら、本を見ながら鉢植えの牡丹を育てるコツみたいなものが解ったような気がする。

去年、一鉢に二本植えてあったものを一鉢づつにした。

季節ごとに様子を見ながら春を待ちました。

バンザ~イ!!

一鉢に5芽もう一鉢には7芽の蕾がついています。

今年成功したから来年も成功するとは限りません!とりあえず、香りと豪華なお花に感謝。

(クリックで別画像に再度クリックで元に)


今日の一首
NHK学園金沢市短歌大会大賞の一首

新人は生き残り賭け一斉に五月病へと立ち向かいゆく  千葉県 昆舎利 道弘



Posted by SORAもよう on 18.2015   0 comments

4月

Category : 未分類

新しくなった北陸新幹線「かがやき 」に乗って、金沢に出かけて来ました。

今年は中々桜をジックリと鑑賞する機会が無かったのですが

金沢は、丁度満開でした。金沢城公園の石垣と桜をカレンダーにしてみました。

生憎空は曇り空でしたが、首都圏より人も少なく充分堪能する事が出来ました。

4月


金沢短歌大会の撰者  岡井 隆 さんの歌
目の前を立ち去って行く影がある去るものは去り、春がくるのだ


Posted by SORAもよう on 16.2015   0 comments

この頃思う事

Category : 短歌
歌といふ小さなトンボ追いかけて六十九となりにけるかな     高野公彦

この歌は「流木」と言う高野公彦さんの歌集に収められています。高野さんはこの歌集で
第66回読売文学賞を受賞されました。
昭和38年朝日花壇の投稿をきっかけとして歌を作り始められたそうです。

「流木」はコスモスと言う宮柊二さんの結社に入会されて50年目の歌集だという事です。

私は短歌と言う31文字の魅力に捕えられてまだ10年そこそこですが、
もう年齢は69歳になってしまいました。

でも、小さいトンボを追いかける気持ちは良く解ります。
しかしながら、この歳で、まして、新しい歌の流れの中で果たして追いかける事が出来るのか、
大きな不安を抱えながら日々を過ごしています。

まして、斬新な言葉の表現方法よりも誰にでも解り、その上で歌の元になる心の部分を問いかけたい
そんな欲張りな婆さんなのです。

最近の一首

「さすけねえ」と会津の友は呟きつつ自慢の柿をたたき落としぬ


Posted by SORAもよう on 29.2015   0 comments

短歌

Category : 短歌
半年振りのブログ投稿です。

この半年の間に生活の形が大分変わりました。

第一に今まで小さな町の小人数の短歌会に2首読んでほぼ満足していました。

所が、友人に誘われ、大手新聞社のカルチャースクールに入会しました。

それを2年半ほど続け、何の選択も無しにある結社に入会しました。

最初は結社誌を購読するだけと思っていたのですが、

なんと、ある撰者の方の欄に詠草を送り始めました。そして半年が

過ぎています。

この歳でどれほどの歌が詠めるか解りませんが、

余りにも変わりつつある世の中の事、大好きなお花の事、等々

婆の目で見た何かを残してみたいと思っています。

子供の頃、良寛研究家だった祖父の部屋が壁も襖も家具も

良寛の詠で埋め尽くされていたのを違う気持ちで振りかえられるかもしれません。

興味が有ったら覗いてみてください。


Posted by SORAもよう on 19.2015   0 comments

10月 神無月

Category : 未分類

この間から頻繁に我が家の庭を訪れていた豹紋蝶です。

最近、蝶はあまり好きではありませんが今年最後の訪問ではないかとパチリして観ました。

10月

気持ちを改めて、取り組んでみたいと思っています。

ゆっくりと楽しんで・・・・・・・・・。


Posted by SORAもよう on 04.2014   0 comments

根津の子規庵

Category : おでかけ
糸瓜忌にちなみ根津の子規庵を訪れて来ました。

沢山の方が割合狭いお家にも関わらず、訪れておられました。

(クリックで別画像に、再度クリックで元に)
14-9-15-2

糸瓜の花が綺麗な青空に輝いていました。
糸瓜の蔓に彩を添えるように芙蓉の花も名残を残して咲いていました。

(クリックで別画像に、再度クリックで元に)
14-9-15

正岡子規がお部屋から眺められる位置の糸瓜は大きく実っています。

藤棚には綺麗に咲いていただろう藤の実がお部屋から丁度眺めやすい高さで・・・・・・・・。

(クリックで別画像に、再度クリックで元に)
14-9-15-5


糸瓜忌を静かに忍んでいるように、ちょっと変わった花色の萩が
花びらを零しながら咲き誇っていました。

クリックはありません。
萩の花

秋の一日、先人の足跡を辿ってみるのも良い刺激を頂きました。

この後、子規が好んだと言う羽二重団子を食べ、お豆腐料理に大満足でした。



Posted by SORAもよう on 18.2014   0 comments

黄揚羽と山葡萄(?)の蔓

Category : 未分類
バーベナに止まって長い間過ごしていたキアゲハです。

揚羽蝶はバーベナのお花が大好きの様です。今日は一日夏が終わったような日でした。

きっと過ぎ行く夏を惜しんでいるのでしょうね!

クリックすると多分山ブドウの蔓だと思うのですが、生け垣に絡んでいます。

生け垣も切りそろえなくてはならないので、どうしたものか悩んでいます。

(クリックで別画像に再度クリックで元に)
14-8-28

何方か名案が有ったら教えて下さい。


Posted by SORAもよう on 28.2014   0 comments

曼珠沙華

Category : ガーディニング
今年は彼岸花と書くには余りにも早すぎてあえて曼珠沙華と表記させて頂きます。

我が家の庭に咲いた今年の「曼珠沙華」です。

カメラに当たる日差しもまだ強いですよね!でも、今朝初めて蜩の高い鳴き声を聞きました。

カナカナカナ~~~季節は確実に秋に向かっています。

夏のお花はだんだんと元気を失い、種を作り、勿忘草の成長も始まりました。

曼珠沙華

秋のガーデンの準備を始めなくてはね!


Posted by SORAもよう on 24.2014   0 comments

鳳仙花と夏水仙

Category : ガーディニング
去年のこぼれ種から芽が出た鳳仙花の小さな芽を園芸の土を追加して育ててみました。

丁度春先、夏水仙の葉が枯れてきた処に育てたので

今、夏水仙と同居しています。

(クリックで別画像に、再度クリックでもとに)
14-8-21

庭の狭い我が家ではこの方法もアリかなと思うのですが、

丈が比較的低い「日日草」などが良いかも知れませんね!


Posted by SORAもよう on 21.2014   0 comments

高砂百合

Category : ガーディニング
今年はちょうどお盆の季節に高砂百合が咲きました。

何年もかかり、いろんな方法で植えてみましたが、どれが成功したのか解りません。

でも、我が家の庭の百合に一番適した場所に3個の芽が出てこんなにも沢山のお花をつけています。

百合の中で一番最後に咲く種類です。

亡き母が大好きだった百合が見事に咲いてくれました。

御協力下さった皆様ありがとうございました。

(クリックで別画像に、再度クリックで元に)
14-8-18

来年も、再来年も私が庭を続けている限り毎年咲いてくれることを願っています。

今日は父の命日です。


Posted by SORAもよう on 18.2014   0 comments
 HOME 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

SORAもよう

Author:SORAもよう
よろしくね!

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。